海外と日本の電源は電圧に違いがある!

海外に旅行に行く場合、スマホやノートパソコンなどの電子機器を持っていく方も多いのではないでしょうか?それらの電子機器を海外で充電をする際は、電圧の違いに注意する必要があります。日本の電圧は100ボルトですが、海外ではそれ以外の電圧を使用していることがあるのです。そのため、日本と同じような感覚で電源を使用すると、機器に不具合(故障や発火など)が生じる可能性があります。日本の電子機器を海外で使用するためには、「変圧器」が必要となります。変圧器は家電量販店で売られており、様々な価格帯がありますので、ご自分の予算に合わせてぜひ購入してみてはいかがでしょうか?また、国によっては複数の電圧を用いている場所もあるため、旅行先の電圧についてはしっかりと調べておくことをおすすめいたします。

電圧だけじゃない?実はコンセントにも注意が必要!

海外で日本の電子機器を使用する際は、電圧だけでなくコンセントにも注意しなければなりません。日本のコンセントは、平たい板状のものですが、国によっては丸形のコンセントをはじめ、異なった形状である場合もあります。コンセントの形が違うと当然のことですが、差し込めません。では、一体どうすればいいのかと言うと、「形状を変えてくれるプラグ」が必要です。プラグがあれば問題なく使用できますので、変圧器と併せて購入を検討すると良いかと思います。ちなみにコンセントも国によっては複数の形状を使用している地域もあるため、「せっかく用意したのに使用できなかった」ということにならないようにしっかりと調べておくことが大切です。